あなたの内装工事を手助けする総合情報サイト

会社の内装工事で後悔しない依頼の仕方とは?

店舗から会社まで安心の内装工事

自営でも会社でも、店舗や事務所はお客様に対する大切な顔です。その顔の雰囲気を決めるのが会社の内装工事といえます。内装工事を依頼するにあたっては、まずデザイン設計会社と話し合って、どんなコンセプトの物を作るか決めます。

デザイン設計会社と施工管理会社とは別のことが多いので、デザイン設計会社にどれくらいの予算がかかるのかを聞いても正確な返事はしてくれません。かなり正確な予算の数字が必要な時には施行管理会社をデザイン設計会社に紹介してもらうか自分で選んだ施行管理会社に見積もりを依頼します。

デザイン設計会社の役割はあなたの要望に従って、店舗や会社のデザインを設計することです。そしてそれを図面に作り上げてゆきます。

それを実際に施工するのは、施工管理会社が集めた専門家集団です。施工管理会社は資材の入手から工事に必要な専門家集団を自分のグループや下請け集団に持っていることが必要です。施工管理会社は、一般建設業許可を持っているところと、特定建設業許可を持っているところに分かれます。前者は4500万円未満の受注。後者は4500万円以上の受注ができます。

施工管理会社が抱えている専門業者は次のようなものです。インテリア工事、天井仕上げ工事、壁あるいは床の工事、間仕切り工事等々。要するに建築物の内装仕上げを担当する工事ですね。作業範囲が非常に広いので、施工管理業者もそれに似合っただけの専門家集団を擁している必要があります。

おすすめリンク

煙突改修にはいくらかかる?

古い煙突があるならば、煙突改修も必要です。いくらぐらいで工事期間はどれぐらいでできるのでしょうか。