あなたの内装工事を手助けする総合情報サイト

>

設計から業者選びまであなたの内装工事を全面サポート

後悔しない内装の依頼方法

内装工事を統括しているのはデザイン設計会社と施工管理会社です。しかし実際に工事をするのは多くの専門家集団です。したがってデザイン設計会社が提案した通りの色調やコンセプトが実現できているかどうかは、自分で現場に出かけて確認しながら工事を進めてもらう必要があります。壁や照明の工事も設計案を聞いただけでは実現されているものはよくわかりません。

こうしてデザイン設計会社の提案通りのものができたとしても、予算を大幅に上回っては困りものです。あるいは工事終了までの時間が計画を大幅に上回っても問題です。予算についても工事終了までの期日についても契約書ではっきりと決めておきます。支払いは着工時に半金、竣工時に半金というのが良いでしょう。

内装工事の依頼のむつかしさ

内装工事は、一つ一つの案件がほとんどの場合オーダーメイドです。依頼主のコンセプトに従ってデザイン設計会社が、オーダーメイドの案を作ります。内装工事は関係する会社もそうですが、材料や工事についても実に多くのものが関係してきます。

デザインにせよ工事費にせよ、いくらでも差ができてしまいます。デザインにしても単独のデザイン設計事務所に依頼するのが良いのか、数社に依頼してコンペの形で最終決定するのが良いかよく考える必要があります。優秀な会社はよほど大きな仕事でないとコンペには参加しないことが多いので、コンペにすると、必ずしも優秀な会社に依頼できなくなることも起こります。

こうしたことは内装工事の場合には多くの会社が関係してきますから、よく考える必要があります。予算については、設計と施工管理を両方担当できる会社に頼めば、予算を節約してスケジュールも円滑にやってくれることが多いですね。


この記事をシェアする