あなたの内装工事を手助けする総合情報サイト

>

内装工事の流れ

内装工事費用とは

内装工事というと比較的軽い印象がありますが、数百万から数千万円の予算が動きます。お金の動きを良く理解してコントロールしておかないと、多くの会社や専門家集団が関係しているだけに、わかりにくくなってきます。その上追加工事などが出てくると、スケジュールや支払いをきちんとしませんと後悔することにもなりかねません。

こうしたことは契約時によく検討します。よくよく検討しても、実際に工事が始まって現場に監督に行くと、素材の色や塗装あるいは照明などが自分が想像していたものと違っていることもあります。現場の監督を時々しませんと、現場の専門家集団の判断で微妙なニュアンスが違ってくるのです。

予算をはっきりと指定しないままで計画を進めると、出てきた計画が予算をはるかにオーバーしていると、再びスタートからやり直しになってしまいます。

内装工事の見積もり

内装工事は多くの会社や専門家集団が関係してきます。見積書も会社によってまちまちです。工事の項目なども会社によっていろいろな呼び方をしています。複数の会社の見積もりを比較して決めたい時にはよく注意する必要があります。表向きの数字だけで判断すると間違えることがあります。

内装工事会社は資材の発注や専門家集団の手配が必要になりますから、着工時には費用が発生してきます。着工時には半額程度を支払ってあげることが必要ですね。一般的には着工時に半金、残額は竣工時ということが多いです。スケジュールが長期になる時には、内装工事会社と支払方法をよく相談するとよいです。

なるべく安い予算で会社の顔である事務所や店舗をデザイン性の優れた形で実現したいですね。


この記事をシェアする